絵画・イラスト・絵本・銅版画|しずくあつめ舎 佳矢乃-kayano- しずくあつめ舎「佳矢乃」では、フリーのイラストレーター佳矢乃が「魂の世界と、今ここの現実世界を繋ぐ絵」をテーマに、絵画やイラスト、絵本、銅版画、紙もの雑貨などを制作しています。降りてきたふたつの魂を描く「しずくふたつの絵」や、出産祝いや魂の起源である宇宙を表現した作品等、ぜひこちらで、あなたの生活にひとしずくの彩りを。

インタビュー後編もアップ【芸術家支援mecelo】

meceloインタビュー記事・後編も

 

 

芸術家支援プラットフォームmecelo

 

インタビュー&撮影をしていただきました

 

その後編がアップされています。

 

 

 

 

(前編記事もよろしければ)

 

 ↓↓↓

 

 

https://mecelo.com/artists/kayano38

 

 

ページをスクロールしていただくと

インタビュー記事があります。

 

 

後半記事は

タイトルからも

お察しいただけるかもしれませんが

 

自分が経験した少しシビアな話もしています。

 

ただ、あれだけ読むと、

自分でも「なんかマイナスプロモ?」って

感じちゃったので、補足を少し・・

(私の言葉足らず、です。笑)

 

 

日々、ほとんど気持ちよく

お仕事させていただいている場合の方が多くて、

その度に、感謝感謝しています。

 

それはクライアントさんと橋渡しをしてくださる

営業の方だったり、

デザイナーさんやアートディレクターさんなど

みなさんが

本当に温かくご配慮下さるお陰です。

 

その度に

「チームで仕事をしている」感覚で嬉しく、

感謝することの方が多いです。

 

 

また、

ある程度の年齢になってきたからだと思うんですが

最近特に

 

これまで諸先輩方が

業界内でしっかり培ってくださったもの

守ってきてくださった権利関係など

それらのありがたさ、大事さをひしひしと感じます。

 

この先も

私たち後輩たちが継承していかないとなー、

とも思いながら

まだまだ偉そうに言える立場ではないですけども^^;

 

 

ちょっと大げさに聞こえるかもしれませんが、

 

文化や芸術ごとって

平和な時代だからこそ成り立っているんだなあって

ひしひし感じます。

 

過去には、表現の自由がなかった時代が実際あって、

でも、それは、

単に歴史の話、

遠い昔の話かと思っていましたけど、

そうじゃないんだなって。

 

今、

この活動ができていること自体、

とても幸せなことなんだなあと、ふと思うので。

 

 

 

meceloさま、

インタビュアー様、

そしてフォトグラファー様、

改めて、ありがとうございました。

 

 

 

mecelo「佳矢乃」ページ

 

 

銅版画作品2点、

今回撮影していただいたものも

掲載作品としてアップしています。

 

そのうちの1点

「his Rose」

 

は、

2/8〜2/15 黒江ぬりもの館での

「プチしずく展示」でも置いています。

 

 

 

 

mecelo支援パートナー募集中

 

 

 

mecelo-芸術家支援サポーター募集

 

 

◯毎月304円・スマホ用イラストカレンダーデータ

 

 

 

◯毎月2,545円・原画プチカード+お手紙+イラストパッケージコーヒー3点セット

 

 

 

これまでご支援いただいた皆さま、

継続してご支援くださっている皆さま、

本当にありがとうございます!

 

5月 東京・押上

一軒家カフェikkAさんでの個展、

その準備費用や、

グッズ制作費用など、

クリエイター作家活動を継続するための

資金にさせていただく予定です。

 

また皆様方には、

個展の案内状もお送りさせていただきます♪

 

 

 

 

 

銅版画作品「しずく姫」

通常価格

5,500

(税込)
購入はこちら

※商品価格以外に別途送料がかかります。

商品紹介

銅板画(エッチング) 「しずく姫」 ◯しずくをティアラにしたお姫様 ◯20枚刷りのうちの1枚  シリアルナンバー 4.です。 ◯1版1色刷り ◯額装サイズ(インチ)  約W16.5×H21.5cm ◯作品サイズ 約W7×H8cm ◯額装込みのお値段です。  額の箱は付いておらず、  OPP袋と他梱包材で包んで発送いたします。 ◯高額商品となる…

関連情報

コメントは受け付けていません。

特集