絵画・イラスト・絵本・銅版画|しずくあつめ舎 佳矢乃-kayano- しずくあつめ舎「佳矢乃」では、フリーのイラストレーター佳矢乃が「魂の世界と、今ここの現実世界を繋ぐ絵」をテーマに、絵画やイラスト、絵本、銅版画、紙もの雑貨などを制作しています。降りてきたふたつの魂を描く「しずくふたつの絵」や、出産祝いや魂の起源である宇宙を表現した作品等、ぜひこちらで、あなたの生活にひとしずくの彩りを。

アコーディオンに直接 Painting

前回もお仕事紹介記事だったのですが、

今回は、ちょっと一風変わった面白いお仕事をご紹介します。

 

私自身、こんなお仕事は初体験でした。

「え?ど、どうやって描く?」

と一瞬戸惑いました(笑)

 

でも、結果、とても素敵な経験をさせてもらったなあ・・

と嬉しくなる。

そんなものでした。

 

 

あるアコーディオン奏者さんからのご依頼

 

今年ご縁をいただいた方々の中のお一人、

 

アコーディオン奏者の青木友宏さん。

 

ある日、

 

「僕、以前から考えていることがあって、

 ジャバラに、絵があればいいなあって思っているんです。

 ジャバラに何か絵が描けませんか?」

 

と青木さんから最初言われた時に、

 

私はてっきり

「活動宣伝のための

 ジャバラ折りのフライヤーを作るんだ。」って盛大な勘違いをして(←完全なる早とちり)

 

後日の打ち合わせの時に、

ジャバラ折り印刷の見積もりをプリントアウトして持って行きました。(笑)

 

 

ところが話をよくよく聞くと、
なんと、

大事な大事な青木さんのお商売道具でもあり、相棒でもある
アコーディオンの「ジャバラ」に

直接、絵を描くってこと?!

 

・・ってわかりまして・・・。

 

(↑この伸びたり縮んだりするジャバラに描くだなんて、まさかまさかの事態に。笑)

 

 

 

「そんな大事なものに描いていいんですか?!

 何かデータ印刷して貼り付けるって方法は?!」

 

と、そんな食い下がるような(汗)やりとりもいたしました。

 

イタリアに行けば、

ジャバラに絵をプリントできる業者さんがあるそうなんですが、

もう、

これは・・・

 

描こう。

 

うん、描かせていただこう。

 

大事なものだし、

一点ものだし、

いざ描くとなったら緊張するけど、

これはもう有り難く、

直接、ペインティングさせていただこう・・

 

と決意し(大げさ)

 

わたくし、初の試みにチャレンジいたしました。

 

 

 

途中途中、写真撮影する余裕なんてなかったんでございます。

 

一回、絵筆をとって描き始めたら、

もうなんか息を止めてビューーっと一気に描かないと、

他の汚しちゃいけないところを汚しそうで、恐る恐るでした、ふはは。

 

でも、なんとか途中経過を残そうとパチリ。

 

 

凹凸のあるものに描くって、

案外大変なんですよ、奥さん!(誰に言った)

 

ある程度、構想は練ったり、

紙をジャバラに折ったものに下書きして準備したものの、

 

もうね、完全にその紙通りに再現できるかっていうと、

そうは問屋は卸さない(え)

 

途中早々に

「紙通りに描くのは無理だ。」と悟って、

 

もうあとは、一か八か(え)

 

とにかく描き進めましたです。

 

 

 

溝の深さ、わかりますぅ?

なかなか深いんでございますよ。

平面の紙に描くのとはワケが違うんですよー(こらこら)

 

でも、楽しかったんです。この初めての作業が。

 

最初、緊張してたのに、

なんだか途中から楽しくなってきちゃって・・・

 

 

鳥さんの表情を描き込む余裕までっ。(余裕って言うほどだろうか)

 

 

はい、完成こちら。

ジャーン。

 

 

 

 

その後、

奏者の青木さんは、

このアコーディオンで各所のイベントで演奏されるなど、

いろいろご活躍されているんですが、

 

つい先日、

 

富士山のふもとでのイベント
「ふもとっぱらでそとあそび2019」

にも
アコーディオン奏者
青木友宏さん率いる旅する音楽隊
「SATOYAMA BREMENS」として参加されたそうで、

 

青木さんがイベント最中の日曜の朝に、
富士山の麓からとっても素敵な写真を送ってくださったのです。

 

 


届いた写真、
あまりに素敵で!

 

この世界観が本当に素敵で!

 

たくさんの方に見ていただきたいですし、

青木さんの演奏も本当聴いていただきたい♪

 

ご活躍の場が、ますます広がりますように!

 

 

青木さん、改めてありがとうございます!

 

 

で、これは偶然なんですけど、

 

この写真を送ってくださった日の

前の日(土曜)に見た夢の中に、実は、

 

富士山が出てきていたんです。

 

嘘じゃなく、本当に。

 

とても印象的な夢でした。

あまりに印象的だったので、

土曜日、一緒に出かけた長女にこの夢の話をしたくらいです。

ある色に染まった富士山の夢でした。

 

で、翌朝に上の写真が届いたのです。

 

 

なんか、良いことありそうな気しかしない。です(笑)

 

青木さんホームページはまだかな。

もし今後、青木さんのサイトができたら、

またこちらでもご紹介いたしますね。

素敵な演奏なので、

例えばカフェとかでの演奏会もきっと素敵です♪

 

アコーディオンの音色って、本当魅力的ですよね♪

 

 

・・と言う、お仕事紹介でした。

今日もお付き合いいただいてありがとうございます。

 

 

関連情報

コメントは受け付けていません。

特集