絵画・イラスト・絵本・銅版画|しずくあつめ舎 佳矢乃-kayano- しずくあつめ舎「佳矢乃」では、フリーのイラストレーター佳矢乃が「魂の世界と、今ここの現実世界を繋ぐ絵」をテーマに、絵画やイラスト、絵本、銅版画、紙もの雑貨などを制作しています。降りてきたふたつの魂を描く「しずくふたつの絵」や、出産祝いや魂の起源である宇宙を表現した作品等、ぜひこちらで、あなたの生活にひとしずくの彩りを。

静岡リトリート・1日目

仕事抜きの旅行って、

娘たちとどこか行くのはあっても、

一人、もしくは友達とってなかなかないもので・・

 

3泊4日。

 

後半は東京・仕事がらみでしたが、

前半は完全に

「何年かぶりのプライベート静岡旅行」として位置付け(笑)

 

12月頭頃、

地元のお友達デザイナーさんと羽を伸ばしてまいりました。

 

 

 

彼女は「虹ハンター」

 

特急くろしおから新幹線に乗り継いで、のこと。

 

よく晴れた良いお天気でしたが、

琵琶湖周辺で突然何やら黒く厚い雲が覆い始め、

 

デザイナーさん(これからはHちゃんと呼びます)が、

「見てください!!虹!!」

 

と琵琶湖方面を指差しました。

 

見ると、

 

 

雲と琵琶湖の間に虹ができていました。

「うわーー♡」

まずそれで私たちのテンションが上がります。

 

ところが、その日、これだけで終わらなかったのです。

 

静岡駅に到着後、

静岡在住のイラストレーターCさんが車を出してくれて、

あちこち、静岡の素敵なところに

たくさん連れて行ってくださいました。

Cさんは事前に

丁寧な手描きのイラストマップをお送りくださっていて、

まずそれにも感激したんですが、

 

(写真:Cさん手描きマップ・真ん中上の。その他は今回静岡でもらってきたパンフ類)

きっと車なしでは、

あそこまで効率よくいろんなところに行けなかったと思います。
Cさん、ありがとうございます!

 

行った順・写真残っている順に羅列します。(え)

 

日本平から見る富士山

 

富士山と反対側

 

とにかく晴れていて、富士山がはっきりくっきり・・

日本平、最高でした♡

 

 

「アコーディオンに直接Painting」

 

11月の上記記事にも書いたのですが、

 

すでに静岡行きも決まっていた頃、

とても印象的な富士山の夢を見ていました。

 

夢の中の富士山の色がすごかったので、

夢占いで調べたら、

その色に染まる富士山の夢ってとても良い夢らしくて・・

 

だから、アコーディオン奏者青木さんから写真を送ってもらった時も、

これはもう何か素敵なことがある予感しかしない、

と思っていました。

 

実際に自分が富士山の近くに行ってみたら、

そういうこともあったからでしょうけど、

何でしょう、

もう無性に心踊って仕方なかったのです。

嬉しくて嬉しくてしょうがない感じ。

 

で、Cさん運転で次の目的地、

三保の松原に向かう途中、

またデザイナーHちゃんが叫ぶんです。

 

「虹!!」と・・

 

 

正式に言えば「虹彩」です。

電柱左から2本目の上に、微かにあるの、わかりますか?

肉眼では結構はっきり見えました。

またそれで

「うわーー♡」です(笑)

 

到着した三保の松原でも、富士山スッキリ見れました。

気持ちのいい場所。

 

 

で、次は

旧マッケンジー住宅に向かいます。

 

海岸沿いの道、いちご栽培が盛んということで

「ストロベリーロード」って名前らしいです。可愛い🍓

 

そのストロベリーロードを旧マッケンジー住宅に向かって走っていたらですよ・・

 

またまたHちゃんが、

 

「虹!!!」

 

この写真ではきっと伝わらない(笑)

でも、肉眼では虹彩が確認できました。

 

何回目?

今日で一体 何回目??ってほど、次々Hちゃんが見つけるもので、

彼女を「虹ハンター」に認定いたしました。

 

 

静岡市周辺を堪能

 

旧マッケンジー邸は閉館時間ギリギリ、

優しい管理人さんのご好意で見せてもらえました。

(ありがとうございます)

 

 

 

当時の生活されていた空気感も残っていて素敵な洋館でした。

 

さくさくっと進みます。

 

教科書でもおなじみ、登呂遺跡も・・

 

向こうのマンションとのミスマッチ感が、たまりません。

 

 

次、

昨年、一時期グッズ販売でお世話になった

フランス語学校エスパス・エクラタンさんにもご挨拶に行った後、

 

待ってました!

静岡おでん!!(一番のテンションなのでは・・)

 

めちゃくちゃ美味しかったですーーーーー♡

 

はあ、すでに1日目にして

あちこち楽しすぎてお腹いっぱい。

(食べ過ぎ)

 

 

しかし静岡の魅力、これだけで終わるはずがなかった。

さらに翌日もやられることになるのです。

 

次回に続く。

 

 

 

関連情報

コメントは受け付けていません。

特集