絵画・イラスト・絵本・銅版画|しずくあつめ舎 佳矢乃-kayano- しずくあつめ舎「佳矢乃」では、フリーのイラストレーター佳矢乃が「魂の世界と、今ここの現実世界を繋ぐ絵」をテーマに、絵画やイラスト、絵本、銅版画、紙もの雑貨などを制作しています。降りてきたふたつの魂を描く「しずくふたつの絵」や、出産祝いや魂の起源である宇宙を表現した作品等、ぜひこちらで、あなたの生活にひとしずくの彩りを。

「どんな前提で?」

御朱印帳お礼と、引き続き告知

 

BASE佳矢乃「しずくあつめ舎」にて

 

BASE

 

紀州みなべ須賀神社オリジナルご朱印帳

(↑↑ご紹介記事にジャンプします)

 

早くもお買い上げくださった方々ありがとうございます!

 

 

須賀神社の主祭神・素戔嗚尊と奥方の櫛名田比売をメインモチーフに

イラストデザインさせていただきました。

 

須賀神社宮司様も打ち合わせの時、

「素戔嗚尊さんが大好きだ。」とおっしゃっていたのですが、

 

私も、スサノオさん大好きです♡(突然の告白どうした)

 

 

御朱印帳、まだ残数ございます。

 

無くなり次第終了ですので、

この機会にぜひご覧になってみてください(^^)

 

 

須賀神社も、

昨日から十日戎が始まったようで、

多くの人が訪れているそう。

 

昨日、この御朱印帳を

たまたま見つけて下さった母の友達からも

「佳矢乃ちゃん、あんなことしてるん?(ご存知ないから)

 びっくりした!

 で、買ったよ!」

と嬉しい連絡をいただいたり。ありがとうございます♪

 

スサノオさん = 豊穣の神のご加護がありますように。

 

 

 

どんな前提で?(その1)

 

話は変わって、

ふと気になったタイミングで行なっている過去記事編集&転載です。

 

 

普段、日常的に行なっていること、考えがちなこと。

 

それって、

自分の「何かしらの前提」が基になっていることが多いです。

 

 

「前提」は、

 

言い換えると

「潜在意識に根付いたもの」

 

 

それが

良いように作用すると良いんですけど

 

中には

「いらんもの」もたくさんあったりしますね。

 

わたしも

それに気付く度に、

「これ、いらんなー。」と本気で思う度に、

 

自分の前提の上書き保存作業をし続けてきています。

(今もやってるし、おそらく一生かかるし、それで良い。)

 

 

 

抽象的な表現になってしまいますが、

 

何かをするとき、

 

どんな「前提」でもって、そうしたの?

 

・・は割とキーポイントになりますね。

 

 

対:自分にとっても。

 

その相手の方は、

どんな「前提」を持って、自分にそうしたと思いますか?

 

・・とか。

 

 

相手も、自分も、

どんな「前提」を持って、そうしたのかな?

 

どんな「前提」で、

双方の言葉を受け取ったでしょうか。

 

 

 

「前提」は、

 ↓↓

「潜在意識に根付いているもの」

 ↓↓

「思い込んでるもの」

 

・・でもありますから、

 

もし

「この思い込みは、いらんなー」って自分で思えたなら

 

いらんものは、手放せると思います。

 

 

自分で思えたら」ですけどねえ・・。(←強調します)

 

 

誰かに言われたからって、やってるうちは、

ほとんど変わらなかったりする。

 

それは、実は潜在意識が

いつまでも手元に置いておきたいと

「抵抗」を起こしている場合だったりもしますから。

これ、実によく見受けられます。

 

 

————————————————-

 

「前提」は、だいたいが、

「過去の経験」から生まれたもので、

 

それを何度となく重ねるうちに、

根深く、しつこく

「思い込み」となって

心の奥に住み着いてしまったもの。

 

 

過去の出来事と同じことが

「今」起こるとは限らないのに、

 

「今」はそうじゃないのに、

 

いつまでもしつこく

「今もそうだ」と持ち抱えている、持ち抱えているのも自分。

 

 

「前提」を基盤にして、

現実の行動も、

結果そうなる風に持っていっている。

 

自分が。

 

 

 

どういう前提で、

そうなっているか。

そうしているか。

 

観察すると、

ここに行くつくことが多いです。

 

インナーチャイルドもそう。

 

心の中の小さな自分が(リトル自分、笑)

 

・拗ねてたら?

・無邪気なままなら?

 

ここも大きな種になってるなあ、と感じたりもします。

 

 

 

ただ、

いつも忘れちゃいけないな、と思う「前提」もありまして。

 

それは、

 

相手も自分も

魂は、ちゃんとわかっています。

 

という前提、です。

 

 

この前提で

話を進めることは本当に大事だとしみじみ感じます。

 

下手すると、

いつしか

「相手はわかっていない前提」

「わたしの方がわかっている前提」で

話を進める恐れがあって、

 

いえ、まあ、

そういう段階もあるんですけど、

 

そういう段階を経て、少しずつ上がっていくんですけど・・

 

魂はちゃんとわかっているので、

気づく時期が早いか遅いかだけの話で、

 

誰しもが

気づく力がある前提は、やっぱり大事だなあと常思います。

 

相手が求めていないのに、

良かれと思って、

あれもこれもと先手を打って

「答え」を提示してしまうと、

 

それって、

相手自身で気づける力を

奪っていることにもなるんですよね。

(過去、言い過ぎた・・と大いに反省することありました。汗)

 

逆に、自分の感覚を精査する前に

簡単に人に「答え」を聞き出そうとしたり、ね。

それは聞いたところであまり身につかないです。残念ながら。

 

 

○POINT○

 

自分にとって必要なことは、

必要なタイミングで、

かならず、もたらされる。

 

 

この「前提」も持っていると、

本当にそうなっていきますし、

 

欲しいと思った情報や状況はベストタイミングで、もたらされます。

不思議なほど。

 

 

ただ、

時々、中には、

 

「それはおかしいなあ・・」

違和感を感じたり、モヤっとしたり、

何かに勘付いてしまうのもあったりします

 

この違和感もめちゃくちゃ大事

 

 

○POINT○

 

もたらされた情報や状況で

自分がどう感じたか?を

常に精査することも大事。

 

 

 

 

 

もし、

 

「ああ。

 今、聞かせてもらってよかったなあ。」

 

「見せてもらえてよかったなあ。」

 

と素直に思えるようになっていたら、

 

おそらく、

自分の中の「前提(潜在意識の思い込み)」が、

抵抗を起こさずに、素直に受け取れるようになっている証だとも思います。

 

 

それは、魂の純度が上がってきた。・・でもあるかも(^^)

(参考記事:魂の純度の目安)

 

 

 

 

—————————————–

 

 

「どんな前提を持っているだろう?」

 

それがなかなかわからない・・場合、簡単な見極め方法あります。

 

 

自分がそのことに対して

「どういう反応をしているだろう?」

 

です。

 

自分がどういう反応をしているか、

 

少し離れたところから自分を眺める感じ。

 

これで、だいたいわかります。

 

 

そして

この「少し離れた場所で自分を眺める癖」がつくと、

マインド的にも、かなり楽になるんですよねえ。

 

(ここに実験済みの被験者がいます、笑)

 

 

また続きは後日に。

 

 

今日も読んでくださってありがとうございます。

 

 

オリジナル御朱印帳「須賀神社」

通常価格

(税込)

※商品価格以外に別途送料がかかります。

商品紹介

【完売御礼・追加生産なし】   【ネット販売は終了ですが、  須賀神社では直接販売引き続き行なっております。  お問い合わせは須賀神社さまに直接お願いいたします。  tel:0739-74-2204】   --------------   紀州みなべ須賀神社だけの オリジナルデザイン御朱印帳です。   【初版を記念して数量限定で販…

関連情報

コメントは受け付けていません。

特集