絵画・イラスト・絵本・銅版画|しずくあつめ舎 佳矢乃-kayano- しずくあつめ舎「佳矢乃」では、フリーのイラストレーター佳矢乃が「魂の世界と、今ここの現実世界を繋ぐ絵」をテーマに、絵画やイラスト、絵本、銅版画、紙もの雑貨などを制作しています。降りてきたふたつの魂を描く「しずくふたつの絵」や、出産祝いや魂の起源である宇宙を表現した作品等、ぜひこちらで、あなたの生活にひとしずくの彩りを。

銀河渦巻く共時性 / 三連休の備忘録 その2

あまりにも濃密だった三連休。

まだ1週間も経っていないのに

早くも遠い昔のようです。

 

何回かに分けての、

かなり個人的な備忘録。

 

連休二日目、2月23日のこと。

 

 

2月23日・和歌山市から銀河まで

 

先日のプチ展示・黒江ぬりもの館さんでお会いした

ある方から教えていただいた映画

 

観に行きました。

 

 

以前観た「かみさまとのやくそく」という映画の

ニュアンスに近しい

ドキュメンタリー&インタビュー映画。

 

 

意識や概念の、おはなし。

 

 

この中にいくつか

自分自身もご縁を感じるキーワードが出てきて、

 

「むふふ」と心の中でニタつきながら

 

帰りの車に乗り込むと、

何やらメッセージが届き、

 

それが、

まさにたった今観た映画に出てきたワードの

共時性

 

「天体観測しませんか?」

 

という素敵なお誘いでした。

 

 

プレアデス星団や

アンドロメダ大星雲(今は銀河と言うのでしょうか)

 

子供の頃、夢中になって図鑑を眺め、

実際の星空も眺め、

 

肉眼では限りがあったけど、

 

それでも胸の中はロマンでいっぱいだった

当時のことを思い出し、

 

二つ返事で、誘い主の元へ。

 

 

 

23日(新月前日)の

とてもクリアな夜空と

同級生が見せてくれたもの

 

牡牛座付近のプレアデス星団。

青くて綺麗です。

 

 

アンドロメダ大星雲。

この銀河にある終着駅を目指した少年が、

銀河鉄道に乗ったんですよね。

 

 

 

馬頭星雲、と言うそうです。

 

 

 

 

オリオン座大星雲。

幻想的・・でもこれ少し怖いって方もおられるみたい。

(Aさん、ごめんなさい)

不安に感じられたら、そっとスルーしてくださいね。

 

 

 

バラ星雲。

確かに薔薇のように見えて、これも美しいです。

 

 

星たちを観ていると、

月並みな言葉ですが、

本当に地球ってほんの一部にしか過ぎなくて

 

意識と言う「目に見えないもの」は、

 

どこまでも果てしなく 

振動して突き抜けていく、のもわかる気がしてきます。

 

時間も、距離も、ない「場」を貫いていく。

 

光の粒、細やかで滑らかであればあるほど

貫く範囲は広がり、

可能性も広がる。

 

自分たちの細胞たちも

光やそれに似た粒が集まってできているのかもな

 

と思うと、

 

自分たちの放つもの(意識)が

周りに反応して

現実になっていく。

 

そうだとしても、おかしくないな。

 

改めて、そんな感覚になります。

 

 

同時に、ここ最近特に

共時性・シンクロニシティの波

いくつもいくつもやってきています。

 

 

しかもスピードも速くて

 

私のちっぽけな記憶倉庫は

もうパンパンで(え)

どんどん忘れていくのです。(あかん)

 

 

だからこうして記録して残したい

と言う気持ち。

 

 

読んでくださる皆様にも感謝です。

 

 

 


 

 

再度のお知らせ・グッズネット販売は2/29まで

 

いつもご覧くださる皆様、本当にありがとうございます。

 

(2/29まではしばらく繰り返しのお知らせ失礼します。)

 

BASE 佳矢乃しずくあつめ舎

 

本業と展示会準備に集中するために、

 

2/29 21時で一旦ネット販売を終了いたします。

 

販売休止期間は未定ですが、

詳しくは下記ご覧いただければと思います。

 

 

【告知】グッズ販売・一時休止のお知らせ

 

 

こちらの都合で大変恐縮ですが

よろしくお願いいたします。

 

 

 

関連情報

コメントは受け付けていません。

特集