絵画・イラスト・絵本・銅版画|しずくあつめ舎 佳矢乃-kayano- しずくあつめ舎「佳矢乃」では、フリーのイラストレーター佳矢乃が「魂の世界と、今ここの現実世界を繋ぐ絵」をテーマに、絵画やイラスト、絵本、銅版画、紙もの雑貨などを制作しています。降りてきたふたつの魂を描く「しずくふたつの絵」や、出産祝いや魂の起源である宇宙を表現した作品等、ぜひこちらで、あなたの生活にひとしずくの彩りを。

『036源泉』『041祈り』作品感想・カードのことも

先日の個展

「しずくふたつ 5滴目」

 

(東京押上・一軒家カフェikkAさんでお世話になりました!)

 

 

販売した作品

 

ご縁をいただいた方々から

作品の感想もいただいています。

 

作品を

お買い求め下さるだけでも嬉しいのに、

 

その上、

こんな感想までいただけるなんて・・

読みながら胸いっぱいになります。

 

本当にありがとうございます!

 

 

一つずつ、いただいた感想をご紹介していきます。

 

 

感想「しずくふたつ 041 祈り」

 

 

Sold Out『しずくふたつ 041 祈り』ありがとうございました。会期中は展示しております。
「しずくふたつ 041 祈り」

 

 

・この作品紹介のブログ記事はこちら

(タイムラインが逆に流れている話も添えて)

 

 

「しずくふたつ041 祈り」

 

ご縁をいただいたSさんから・・・

 

 

かやのさぁーん、届きました
しっかり受け取りました💝

が、
ごめんなさい!
ステキ過ぎて絶句してます………………(*ToT)

もちろん「ステキ💕」
と思ってご縁いただいたのだけど
それを遥かに上回っておりました(*T^T)

 

佳矢乃さんの絵を前にすると
私はいつもこころが静かになるのです。

何故なんだろう?
と思っていたのだけれど

どのふたりからも
「祈り」を感じていたのだなぁ……✨と、

しみじみ思いました。

 

人って
自分のハートの奥にある
大切なホントのことをカミサマに伝える時って

身一つで神聖な場所に入るような……✨
そんな気持ちになりますよね

 

それは多分
どこまでも自分でありながら
同時にどこまでも自分を手放すことでしか、

その中に入って行けないことを

理屈ではなく、

肌感覚で知っているからなのだろうと思います。

 

どこまでも削ぎ落として
自分のど真ん中とひとつになることでしか辿り着けない世界

 

でも不思議なことに
そこには全てがあるんだろうな……✨とも思います。

 

そしてそれは
未来のどこかに……ではなく
いつもいつも
今ここのわたしの隣に
今ここのわたしと共にあって

 

わたしのスイッチ次第なのかも😆

絵を前に、絶句しながら(笑)
そんなことを感じてます✨

大切な二つの絵
私の大切な四人の友達😆💝
一生大切によしよしします
💖

 

 

 

いただいた感想、

ほぼ全文、ご紹介しました。

 

下線部、勝手に引きましたが、

ここは

物事すべてと言ってもいいくらいの

「本質」なんだろうなあって思います。

 

 

作品から

ここまで感じ取っていただけたこと

ただただ、感謝です・・。

 

 

 

 

感想「しずくふたつ 036 源泉」

 

Sold『しずくふたつ 036 源泉』/ ありがとうございました。会期中は展示しております。
「しずくふたつ 036 源泉」

 

 

 

届いた瞬間、泣きました。

 

 

 

ただ、この一言だけで

気持ち伝わります。

 

 

ありがとうございます。

 

 

 

 

 

この絵を描いた頃の記事がこちら

・「もう一人の自分」のスイッチ

 

 


 

ちょっとそれますが、

なんとなく浮かんだまま書き残します。

 

 

 

世の中のいろんなルール、

いろんな概念があるとしても、

 

それはそれ。

 

大事なのは、

心のあり方、

 

魂のあり方、じゃないかなあって

しみじみ思います。

 

 

偉そうなことは言えませんが、

 

日頃の、普段から

 

その人から「滲み出るもの」

 

 

 

周りのことはよく、見えます。

自分のことは、あまりよく見えていません。

 

見ようとしないのかもしれません。

 

見えても、見ないふりをするのかもしれません。

 

 

「見」なくても、「見え」なくても

 

「感じ取」っていたりします、魂は。

 

 

いくら見ようとしなくても

目を背けても、

 

魂は「感じ取ってしまっている」から、

 

これは、隠そうとしても隠しきれないです。

 

 

自分も、相手も、周りも。

 

 

 

 

魂の純度、ピュア度が高まれば、

(↑世間知らずという意味ではないです)

 

相手のことも

自分のことも

外側の状態で「見」ることは減って、

 

「内側(本質)」で

感じ取れるようになるんじゃないでしょうか。

 

 

これから

「内側」が反映されていく世界になるそうです。

 

 

しばらくはカオス状態だとしても、

それもそれ。(そればっかり)

 

 

自分の「内側」だけは誤魔化さないで

 

自分の心に後ろめたさを持たないような

 

葛藤はなるべく生まないような

 

なるべく、自分には、

正直であるような。

 

 

自分が「自分で在る」ことを誇れるような・・

 

 

 

無理に納得させなくてもいいし

 

わからないことはわからないでいいし

 

侮辱された時は怒っていいし

 

自分を大事にすることをもっと自分に許していい。

 

 

 

無理に「いい人」に、ならなくていい

 

 

 

 

なんか暑苦しいですが、

書いてしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

さーて、今日引いた「しずくふたつ」カードは〜?

 

 

毎回、

「しずくふたつ」の原画を一つ描き終わると

ふっと浮かぶ文章・メッセージがあります。

 

そのメッセージ文を

それぞれの絵柄カードの裏に印字して

先日の個展で販売しました。

 

 

(次の販売は、次回の個展時です)

 

 

今回、お仲間さんが、

「しずくふたつ」メッセージカードを

ほぼ全種類

(ほぼじゃないのかな?全部なのかな?)

買ってくれはったようで・・・!

 

聞くと、私と同じように

オラクルカード的な

タロットカード的な使い方をしようと

思ってくれたみたいです。

 

Aさん、ありがとうございます!!

 

凄く嬉しいです♡

 

 

 

 

わたしも、たまに

この作品カードを引いて遊びます。

 

感覚を養うレッスンにもなります。

 

 

で、今さっきも引いたんですが、

ちょっと面白い結果になりました。

 

今日6/14(日)引いた3枚

 

 

上の鳥かごカード、

シャッフル中 1枚

ぴやーっと飛び出してきました。

 

それで、

 

「お!!」となりました。

 

 

なぜ、

「お!!」となったかというと、

 

 

ちょうど一週間前の

6/7(日)に引いた3枚の一番最初に飛び出したのも

この同じカードだったからです。

 

(1週間前の6/7のカード)

 

どれだけ主張してくるんだ、

このカード

「しずくふたつ002 鳥かご」は(笑)

 

 

・・で、思ったわけです。

 

 

もう

「カゴ=自分を囲う外側の肩書き」は、

要らなくなるんだろうな。

 

本当の意味で「本質」で生きられる時、

 

もしくは、

飛べる世界が、広がる時。

 

(なんのこっちゃ・・という誰かの声が聞こえる)

 

 

 

特に今日引いた時の質問内容は、

 

私のこと、というより、

全体的なことにも繋がるなあって感覚でした。

 

 

6/14(日)

 

あなたが自分で設けた「枠」は、

きっとあなたには小さいです。

狭いです。

 

勇気を出して、

枠からもっと広く飛び出した時に、

 

 

 

「もっと良いものが受け取れます」

 

「あなたの本当のパートナー(恋愛仕事に限らず)と出会います」

 

「安心する場所も見つかります」

 

 

という・・感覚です。

 

 

 

他の解読があっても、もちろんOKです♪

 

最初にピンと感じ取ったヒント、

感覚、ビジョン、ことば、

それが、

その人にとっての「正解」なので。

 

 

 

——————————-

 

「しずくふたつ」シリーズ

 

魂の伴侶の絵「しずくふたつ」作品シリーズ

これまでの記事はこちら

(カーソル合わせたらジャンプできます)

 

◯魂の伴侶の絵「しずくふたつ」はじめに

◯魂のしずくがふたつ降りてきた絵・はじまり

◯魂のしずく2作目「しずくふたつ 002 鳥かご」

◯「しずくふたつ」の初個展から、これまでのこと

◯「しずくふたつ」セミオーダー1作目と2作目のこと 

◯セミオーダー3作目「しずくふたつ」シリーズ

○「しずくふたつ 035 注ぐ愛」セミオーダー作品ご紹介

○セミオーダー作品「しずくふたつ 034 誓い」その後

 

○1年ぶりの個展「しずくふたつ5滴目」

 

 

 

 

 

 

関連情報

コメントは受け付けていません。

特集