絵画・イラスト・絵本・銅版画|しずくあつめ舎 佳矢乃-kayano- しずくあつめ舎「佳矢乃」では、フリーのイラストレーター佳矢乃が「魂の世界と、今ここの現実世界を繋ぐ絵」をテーマに、絵画やイラスト、絵本、銅版画、紙もの雑貨などを制作しています。降りてきたふたつの魂を描く「しずくふたつの絵」や、出産祝いや魂の起源である宇宙を表現した作品等、ぜひこちらで、あなたの生活にひとしずくの彩りを。

あぶり出し その2

 

 

「あぶり出される」

 

・前回記事の続きです。

 

 

 

以前、一時期ですが、

 

「関わる人のあぶり出し作業もするよ。

 あぶり出すようなことを伝えたり、

 作用するような役もあるよ。」

 

と伝えられたことがあって、

実際、その直後に

思い当たる出来事が起こりました。

 

まあその、つまり

 

相手が言われたくないことを言う

 

嫌われ役です。(白目)

 

 

相手はその時は嫌だったでしょうけど(汗)

ただ不思議なことに後日、

日が経ってから

 

「あの時、はっきり伝えてくれてありがとう」

とその人から

感謝してもらいました。

 

 

逆の立場もあります。

 

私も、

あの時

あのしんどいことがあったおかげで・・とか、

 

相手からはっきり指摘してもらったおかげで・・とか

 

「おかげさまだったなあ」と思うこと

山ほどあります。

 

痛みを伴っている時は

そんな境地に至れないですが、

時間が経ったり、

経験を重ねるうちに、

「そういうことだったのか」と腑に落ちること。

 

 

 

昨日も書きましたが、

段階的に、

 

「まず、あぶり出す・あぶり出される」

 ⇩

「気づく」

 ⇩

「あぶり出されたものを一旦受け入れる

 ⇩

「あぶり出された形を、

 今どうしたいか

 どう変えたいか、を見つける。」

(=自力でできる言動の癖付け)

 ⇩

「見つけた方を言葉にする・行動する」

(=自力でできる言動の癖付け)

 ⇩

 ⇩

「またあぶり出す・あぶり出される」

・・・・・

 

の中でも、特に

 

「痛み(苦い気持ちになる原因)を

 一旦受け入れること

 

 

自分の弱さを受け入れている人が

実際は強いように、

(相手を打ち負かす強さ、という意味ではありません)

 

 

「受け入れる」「認める」

 

ここなんだろうなあ、って思います。

 

 

 

自分にとって都合の悪い事や、嫌な事。

 

自分が見たくない自分。

 

認めたくない部分。

 

諸々・・・

 

 

図星なことを指摘されて

気分が悪くなるようなことも、そう。

 

これは、

 

たいてい

なにかに気づくための

「あぶり出し」だったりしますよね。

 

 

リトマス試験紙のようです。

 

 

図星じゃなければ、

感情は反応しないですから。

 

 

図星なことを

しんどいけど

 

「受け入れる・認める」

 

 

 

 

単純に、

自分にとって悪い事

嫌なこと

 

と捉えて終わってしまうんじゃなくて

 

魂の学びに必要だったこと

 

と位置づけることができたら、

 

「受け入れる」意識になっているから、

 

それだけでも大きいですよねえ。

 

 

たとえ、

同じような出来事が次また起こっても、

 

もう意識では

この経験は「気づきのチャンス」だ

と思えているので、

 

単なる過去の繰り返しじゃなくて、

 

今までとは違った意識で、

対処や対応もできるし、

 

魂の純度が上がってもいるので、

 

自然と

なんとかしようとしなくても

うまく流れがついていったりもする

ようです。

 

 

とはいえ、

 

自分自身も

そう言いながらも、

 

いざ、

自分の身に起こる出来事によっては

「良いこと」「悪いこと」と

ついつい判断しがちになりますから、

 

生きている間は、

 

その都度、その都度、

思いグセに気づく・・だけだなあ。

 

としみじみ感じます。

 

 

 

 

魂のリトマス試験紙

 

 

・「魂の純度の目安」という過去記事

 

 

 

 

魂の純度が、図解の左側の状態だと、

 

特に、

二極化でジャッジする癖が根強いです。

 

外側の現象や状態、

表面的なものだけで判断したり、

 

良いこと・悪いことのみで

なんでも判断する。

 

それだけでも

実は「しんどいこと」なんですよね。

 

 

自分以外の

誰かのこともそう捉えて、

 

勝手に世話を焼こうとしたり、

勝手に指導しようとしたり、

 

その人が望んでいないかもしれないのに、

導こうとしたり。

 

右側の状態だと、

誰かのことを

どうにかしよう、

どうにかしたい、って

不思議と思わなくなります。

 

ここもリトマス試験紙かもしれません。

 

 

 

ただ本当にしつこくお伝えしますと・・・

上の図の、

 

左側にいる状態って、

宇宙意識層の観点から見ると

決して、

「悪いこと」ではないんです。

 

その状態だから、

その人の魂が学べることがある、

 

で、

 

気づくために、それをやっている。

・・だけだから。

 

だからこれも

右側の状態が「良い」

左側の状態が「悪い」じゃないんですよねえ。

 

 

伝わるといいなあ・・・。

 

 

右側の状態に

ならなければいけない。

 

魂の純度を上げなければいけない。

( must思考)

 

・・も、不必要。(*^^*)

 

 

どうにかしようとしすぎなくてもいい。

 

そっちにならないといけない、と

思わなくてもいい。

 

 

宇宙が、その時その時、

必要なことを

いろんな出来事をギフトとして

与えてくれてるから。

 

 

—————————————

 

「悪いこと」と思う出来事の中には、

 

たくさんの「気づき」が隠されていて、

 

自分の思いグセ、

世間一般論からの思い込み、

他者との比較グセ、

無価値観の癖などなど・・・

 

それを

「あぶり出してくれているだけ」

 

そう思えたら、

 

それだけでも、

魂は、

鎖を解いて、軽く始めている。

 

 

 

(魂の純度も上がって←おまけみたいなもの

 その人らしく、生きやすくなる)

 

気負わず、軽くやれたらいいですよねえ。

 

 

 

星読み絵、お申し込みありがとうございます。

 

話変わりますが、

ぼちぼち予約オープンしている

星読み絵鑑定

 

(備考欄に鑑定に必要な情報の

 記入漏れがないかどうか、

 今一度お確かめくださいませ♪)

 

 

惑星読み絵「あなたと惑星の絵」

 

今現在

お申し込みいただいている皆さま、

ありがとうございますー!

 

昨日今日と

7/4付でお申し込みいただいた2名さま分を

発送できたので、

 

次の発送は、

7/12付にお申し込みいただいた方から・・

となります。

 

 

それがちょっとまたしばらく

本業締め切りが続くので(汗)

 

もう少しお待ちくださいーー。

 

以前の鑑定で感想を送っていただいた皆様も

ありがとうございます!

 

感想いただく度に、

私の方が、

「うわーー、嬉しい」

「うわーー、ありがたい」と喜びをいただいています。

 

 

またぜひ次に、ご紹介させてくださいね♪

 

 

 

 

 

関連情報

コメントは受け付けていません。

特集