絵画・イラスト・絵本・銅版画|しずくあつめ舎 佳矢乃-kayano- しずくあつめ舎「佳矢乃」では、フリーのイラストレーター佳矢乃が「魂の世界と、今ここの現実世界を繋ぐ絵」をテーマに、絵画やイラスト、絵本、銅版画、紙もの雑貨などを制作しています。降りてきたふたつの魂を描く「しずくふたつの絵」や、出産祝いや魂の起源である宇宙を表現した作品等、ぜひこちらで、あなたの生活にひとしずくの彩りを。

「安心の場」と「共鳴すること」のはなし

「安心できる」人たちとの出会い

 

前回までもこのブログで

「出会い」について書きましたが、

 

その後も続々と、

 

「安心して、私のままいられる相手」

 

そんな方々との出会いに恵まれています。

 

ただただ感謝ばかり・・✨

 

 

そんな方々に感じるのは、総じて

 

 

「そのままを、

 そのままでいい、と

 お互いに思える間柄」

 

です。

 

 

 

これが足りない

 

ここがいけない

 

これだからダメだ・・が「無い」

 

 

むしろ逆に

 

ここが素敵

 

違いも面白がれる

 

なるほどなあと思えながら

 

でこぼこした部分も補い合える

 

 

その人自身に

その人のままの

「ポテンシャルがある」ことを受け入れて

 

伸ばしあえる

 

 

そんな関係性のように思います。

 

 

そこには

 

「安心感しかない」ですし

 

私自身ひしひし感じるのは

 

 

「安心できる場、間柄なら

 思う存分、のびのび自由に

 わたしのままでいられる。」

 

ということでした。

 

 

 

 

 

 

「ことば」にたましい(精神)を宿らせる

 

 

そんな新しい出会いのひとつ。

つい先日のことです。

 

ある方に、

その「場」についてのお話を

初めて聞いたのは

昨年の11月末ごろ。

 

ただただシンプルに

「面白そう!」と興味を持ちました。

 

で、ようやくその方に

その「場」に連れて行っていただくことができました。

 

でも、実は

数年前から、

それについて興味を持つ「土台」的な意識は

私の内側で少しずつ作られていたんですけどね^^;

 

 

シュタイナー教育ってご存知ですか?

 

シュタイナーの教えの一つ

言語造形の「場」が、

今回、参加させてもらったものです。

 

ことばを

音として発する・表現することで

そこに、たましい(精神)を宿らせる時間。

 

(私が勝手に感じたことなので

 これだけでは言葉足らずなのは明らかなくらい、

 本質はもっともっと奥深いです。)

 

 

いざ、体験させてもらうとですね・・・

 

 

今まで

「これが、わたしだ」と思い込んでいた部分

 

ガラガラと打ち砕くことになり(え、笑)

 

そりゃもう心地よく勢いよく

 

パーンと、

新しく大きく、

ひとつの扉を開けた心地になれました。

 

 

奥の院の扉を開きました。

 まさに

 『ご開帳〜!』という気分です。」

 

そんな言葉が出てきたくらいです。(言い方)

 

 

 

 

この体験から、まだ日が浅いですが、

でもはっきりと

 

「わたしが、わたしのままで在れる」という

 

「絶対的安心感」を

 

またひとつ、感じられたなあ♡

 

・・でした。

 

 

 

同時に、

 

私がこれまで

長い年数かけて、自分を実験台にしてきたこと、

自分のままで人生の展開を作っていけること

 

それをさらに実証してもらえたなあ・・

 

そんな風にも想いました。

 

 

 

 

 

「絶対的安心領域」について

 

 

参加させていただいた

言語造形の活動を

全国に広く展開されている

 

アントロポゾフィーハウス

言語造形「ことばの家」主宰の

諏訪耕志さん

 

SNSで書かれていた文章がとても素敵だったので

引用してご紹介させていただきます。

 

 

 

 

 

子どもたちに「安心」を贈ること。

 

わたしたち、大人たち、

いま、それができているでしょうか・・

と、遠い目になります。

 

そして

ものすごく試されているようにも感じます。

 

 

私個人的な感覚で言うと、

こういう方々との出会いは、

心の底から

「安心して、その場にいられる」ので

ギフトでしかなかったです。

 

大人になってからも、

それが与えられたことは感謝するばかり。

 

そんなギフトを

子ども時代からたっぷり「与えられた人」が

大勢いたら、

社会が自然とどうなっていくか・・

想像するのは簡単なことだと感じます。

 

そして、その逆もしかり。

 

 

ある別の方が最近、

「自信の無い人が多いと感じる」

と、複数回、

私に話してくれたこともあって、

 

これは

ひょっとしたら

子ども時代からの、この

「絶対的安心領域」の体験が少なかったから?

というのも、頭をよぎりました。

 

自分自身が、まさにそうだったから、です。

 

 

だから、

 

もしかしたら

私たち大人が良かれと思って

今までやってきたことは

今の子どもたちにとっても、

そして、自分自身や、周りに対しても、

 

ただ不安を煽るだけのこと

ただ

なにかの型にはめこんでしまうこと

 

「安心感を奪うこと」

も多かったかもしれません。

 

彼らの持ち味、個性、

自分の持ち味、個性、

 

生きる力そのものを

潰したこともあったかもしれません。

 

それは、自分自身に対しても。

 

 

 

そうだったことすら

「認めたく無い」

「みたくない」

 

みたくないまま

放置することもあるかもしれませんけども。

 

 

でも、

きっと、子どもの頃に、

周りの大人たちから

「型にはめられそうになっても」

 

そこからスルッと上手に抜け出したり、

魂を売らずにしっかり

「自分であること」を

自分でしっかり握り締めながら

大人になった人も

多くいらっしゃるかと思いますから、

 

そういう方々なら、

うなづいてくださるんじゃないかなあ・・。

 

そう思いながら、

割と勇気振り絞って書いています(笑)

 

 

煙たがれても、

大事なことには蓋をしないでいきたいので。むふ。

 

(あなたは育てにくい、と言われた私が通ります、笑)

 

 

ついつい、また熱くなっちゃいましたけど、

 

「安心できる」ってすごく大きい♡

 

 

「わたしのまま、在れる安心感」

 

これは

「生きる力」の基盤、だとも思うから。

 

 

 

 

「すべては周波数」という言葉に深くうなづく

 

で、です。

 

この

「すべては周波数」という言葉が

 

改めて、頭を何度もよぎるのです。

 

 

似たような意識を放つもの同士は

磁石のように引き合わされる説。

 

中には、反作用もありますが、

 

比較的、

共鳴し合う方々との出会いで、

 

それぞれもポテンシャルが

引き出しあえること・・・

 

相乗効果を生むこと・・・

 

私一人の体験だけに限らず、

いろんな方のお話を伺っていても

ものすごく増えているし、

展開も早くなっているように感じます。

 

つまりは、

現実での「ご縁つなぎ」が

ますます加速している♡

 

わーい♡素敵&最高♡(←いきなり幼児化)

 

 

今日もここまで

読んでくださってありがとうございます。

 

皆さまにとっても

「絶対的安心領域」である

嬉しいご縁繋ぎがたくさんありますように(*^^*)

 

 

 

 

 

お知らせ「お手紙メール(メルマガ)」登録募集

 

そんな「絶対的安心感」につながるお話、

 

宇宙の仕組み

「宇宙絵図」をからめた体験談や

 

その他日常のこと、

星読みのこと、

イラスト制作・イラスト仕事のこと、

個展やイベント告知などなど・・

 

徒然なるままに

”あなたにお手紙を届けるように” 綴っていく

 

「お手紙メール(メルマガ)」を始めます♡

 

近日スタート予定♬

 

メールアドレスだけのご登録でOKです。

 

不定期ながらも

「お手紙メール」配信いたします。

 

 

お手紙メール(メルマガ)登録募集中

 

ご縁を楽しみに、お待ちしています(*^^*)

 

 

お互いに

「絶対的安心領域」であれること

 

そんな領域を

どんどん広げていけますように♡

 

 

 

【オンラインメニュー】ヘリオ星読み「自分の取扱説明書+あなたと惑星の絵」

通常価格

13,300

(税込)

※商品価格以外に別途送料がかかります。

商品紹介

「星読み鑑定、  ずっと気になっていて  申し込みたいって思いながらも    ネットでの購入が  どうも苦手で・・」   そういうお声をいただきました。   気が回らず、失礼いたしました!   もし、ネット購入を避けたいって思われる方がいらっしゃったら、   銀行振り込みでのお申し込みも 受け付け…

関連情報

コメントは受け付けていません。