絵画・イラスト・絵本・銅版画|しずくあつめ舎 佳矢乃-kayano- しずくあつめ舎「佳矢乃」では、フリーのイラストレーター佳矢乃が「魂の世界と、今ここの現実世界を繋ぐ絵」をテーマに、絵画やイラスト、絵本、銅版画、紙もの雑貨などを制作しています。降りてきたふたつの魂を描く「しずくふたつの絵」や、出産祝いや魂の起源である宇宙を表現した作品等、ぜひこちらで、あなたの生活にひとしずくの彩りを。

わざと「ゆさぶり」がかかる時

それを「お試し」とも言う

 

あるんですよねえ・・。(いきなりどうしました。)

 

わざと、

逆のことを言って、ゆさぶりをかける時。

 

または反対の立場で、

何かしら ゆさぶりをかけられることとか。

 

その手のことって、

どちらにしても「お試し」のことが多くて、

 

「本当のあなたはどう感じているの?」

 

と問われていることが多いです。

 

 

仕事していても、

合間にぼーっとしていても、

 

ときどき突然、前後の脈略なく、

ふっと、ある文言や言葉やビジョンがやってくる時がありまして、

今回書く内容も、そんな風に突然ふっと

 

「ゆさぶり、かける。

 ゆさぶり、かかる。」って言葉がきた時に書いたものを転載しています。

 

 

「わざと。

 ゆさぶり。

 見極めるチャンス。」

 

そういう言葉でしたので、

お試しって聞いて、いやだーって身構えそうになったんですけど、

 

「見極めるチャンス」

 

そうなんですよねー。

 

チャンス、ヒントだと捉えることができたら、

身構えなくていいですよね。

むしろ、宇宙からの嬉しいギフトですから。

 

その受け取り方が人によって違うのも自然なことです。

 

後日書きますが、

「魂の純度」がピュアであればあるほど、

ストレートに嬉しいギフトとして受け取ることができるんですよね。

 

 

 

 

 

誰かから、何かを問いかけられたり、

誰かから、自分のエゴが刺激されること。

指摘されたりすること。

 

その「ゆさぶり」で起こる反射的感情は、チャンスなんだそう。

 

 

ほんとにそれは、

自分の中から起こっている魂からのもの(内側)か。

 

それとも、

今までの経験や思い込み・思い癖から、

脊髄反射的に反応しているだけの、ダミーのもの、か(外側)。

 

どちらなのかを見極めるチャンス、ですよーということらしいです。

 

 

 

小難しく、思考で考えなくても、

なにかに脊髄反射的に反応してしまった時。

(だいたいが「嫌な気分になること」です。)

 

その時、ただシンプルに、

 

「なんで、

 今わたしはそんな風に、反応したの?」

 

って、自分自身に問いかけてあげるだけで「わかる」場合が多いそうです。

 

 

「なんで?今、そう感じたの?」

 

って、自分に問いかけて、

すぐに答えがわからなくても、

丁寧に、ひとつひとつ、優しく、すくい取ってあげていたら、

 

いつか、

 

「今、わたしが反応していることの原因は、

 過去のあの経験があったからだ。」

 

と気づく時がやってきます。

 

 

「過去、こういう経験をしていたから、

 今、こういう反射的な感情が起こっている、

 それだけなんだね。」

 

と、

俯瞰で「わかる」時が来るんです。

 

 

この段階が一度でも踏めたら、

 

この整理作業は、他のことでも、どんどんやり進めることができます。

 

 

自分の中の、

「不必要なもの。(感情や思考のこと)」が次々と浮き彫りになって、

 

気づいて、

気付けて、

 

はい、終わり。になります。

 

 

◯POINT◯

相手の言動に、嫌な気分になったり、

脊髄反射的に嫌な感情が湧き出した時。

それは大抵、過去の経験が原因で、

「嫌な気分」を再度洗い出されている「投影の出来事」です。

 

過去と同じように脊髄反射的に反応するだけで終わらないで、

決して自分を責めずに(←コツ)

「なぜ、自分はこう反応してしまったんだろう」と

ただ純粋に問いかけるだけで、ひとつの変化の兆しをつかめます。

 

宇宙はこうやって、わざとゆさぶりをかけるような

「気づくチャンス」を何度も何度もくれています。

 

 

 

 

気づけることが、大きな一歩

 

自分に「なぜこんな反応をするんだろう」と問いかけること自体、

 

「一旦、ゼロにする。」

 

「一度、リセットする。」

 

働きがあるようです。

 

なにをゼロにするか、というと、

魂の純度、魂のピュアさを取り戻す働きです。

 

たった一度の出来事で、

完全にゼロになるわけじゃないですけど、

少しずつ、ゼロに近づけるというもの。

 

 

なにか嫌な出来事があると、いつまでもしつこく

頭の中でグルグル居座ることってありませんか?

どうしてもマイナス方向に思考がとらわれてしまう。

 

それは人間なら仕方ないことなので

「こんないつまでもグルグルやってる自分はだめだ」

なんて決して責めないであげてほしいです。

 

仕方ない、って一回受け入れてみる。

これだけで「ゼロ」に近づけます。

 

 

でも、

それでもどうしても自分を支配し続けているような思いが何か一つでもあるとしたら、

 

それが、

良いことだとしても、

悪いことだとしても、

 

(実際は、

 良い・悪いってジャッジは宇宙観念的にはなくて、

 人間意識がそう「見なしているだけのこと」なんです。←復習)

 

 

それらの思いに、

「囚われない」レベルまで続けること

 

意識的に一旦リセット、ゼロにすること

 

をできれば続けて心がけてみてください、って思います。

 

 

 

この段階を意識しないで、

脊髄反射的(笑)反応で起こる感情にただ、まみれるだけのことをしていたら、

 

エゴにエゴを重ねていって、

 

「ゼロ」状態から遠のくだけなので、もったいないです。

 

(宇宙観点・宇宙の視点から言うと、

 もちろんその感情にまみれる選択をしても全然OKなんだそうです。

 それすら魂が「感情にまみれてみたい」という選択をしている可能性が大きいので。

 無自覚でも魂の学びとして喜んでそっちを選択していることもあるそうです。

 そして、エゴが悪いわけじゃないです。

 エゴがあるから地上で生きる術を身につけられるので、エゴはある程度は大事。)

 

 

自分に問いかける時のコツは・・・

 

いつも、自分の横に、本当の自分(魂)がいるイメージをします。

ぼんやりとでも、ざっくりとでも、あいまいでも、

漠然とでも、なんでもいいです。

なんでも大丈夫です。

 

「どうしてこの人(自分)は、

 今、こんな感情になっているんだろう。」

 

と、眺めているような、

そんなイメージでいると、

魂の自分・本来の自分に近づいていけるんだそうです。

 

絵図にすると、こんな感じです。

 

 

 

(三次元の自分を、魂の自分が眺めている。

 または「なんで?」と問いかけています。)

 

       ⇩⇩⇩⇩⇩

 

 

(「なぜ」がわかったら「気づき」が起こって昇華する。)

 

       ⇩⇩⇩⇩⇩

 

 

(三次元の自分と、魂の自分が徐々に重なっていく。

 同化していく。=本来の自分 )

 

 

 

だから、

わざと「ゆさぶり」をかけられたなーって時、

悲しかったり、腹が立ったりするかもしれないけど、

実は、

それって、すごいギフトなんだって知っていただきたいです。

 

もちろんすぐにそんな風に思えなくても

思えない自分にもOKを出してあげてくださいね。

 

自分の責め癖・ダメだし癖は、どうかストップで。

自分への褒め癖・OK癖に変えてあげてみてください。

 

それも魂の純度をあげて、

本来の自分に気づける、

すごく愛あるギフトになっていくはずです。

 

 

◯POINT◯

ゆるんで、

気楽に、丁寧に何度も自分にOKを出し続ける。

今の、自分を遊ぶ感覚で。

 

 

おまけ:星読み鑑定お待ちいただいています・・

 

今日も読んで下さってありがとうございます。

 

ここ何日かはイラストの納品仕事が続いています。

 

「あなたと惑星の絵」も、できない日々が続いています。

お待ちいただいている皆様、

恐れ入りますが、もうしばらくお待ちいただけると嬉しいです。

空き時間ができたり、合間にやりますね。

 

先に届けたお客様から嬉しい感想をいただいています。

 

「素敵な絵ももちろん嬉しいのですが丁寧に丁寧に星読みをしていただいたことに感動。

 本当にありがとうございます!

 私のこと知っているの?と思うほど言い当ててらっしゃって驚いています。」

 

 

 

ほかにも

 

「占いとは違って自分を形成する基本情報みたいで面白いなあ。

 時々立ち止まって読み返そうと思います。

 良いことがたくさん書いてあって、

 改めて自分を大事にしたくなりました。

 ありがとうございました。」

 

 

自分を大事にしたくなりました・・。

 

こう思っていただけたのがすごく嬉しかったです!

 

「自分を好きになれるきっかけ」になる、

そんなお手伝いができるならこんなに嬉しいことはないですー。

 

 

こちらこそありがとうございました!

 

 

 

関連情報

コメントは受け付けていません。

特集