絵画・イラスト・絵本・銅版画|しずくあつめ舎 佳矢乃-kayano- しずくあつめ舎「佳矢乃」では、フリーのイラストレーター佳矢乃が「魂の世界と、今ここの現実世界を繋ぐ絵」をテーマに、絵画やイラスト、絵本、銅版画、紙もの雑貨などを制作しています。降りてきたふたつの魂を描く「しずくふたつの絵」や、出産祝いや魂の起源である宇宙を表現した作品等、ぜひこちらで、あなたの生活にひとしずくの彩りを。

図解「願望の枠・制限をかけないこと」について

この記事は2017年9月当時に書いたものを編集&転載したものです。

2年経っていますので、少し推敲しています。

 

 

お風呂に入っていたら唐突にあれこれイメージやビジョンが浮かびます。

 

今回書くことは、

2017年9月半ばにお風呂でぼーっとしていたら、

急に浮かんだビジョンがあって、それを元に書いたものです。

 

先に前置きすると、

ヒントのようなものも受け取りやすい状態というのがあります。

 

・お風呂に入ってぼーっとしている時

・仕事途中、コーヒー飲みながらぼーっとしている時

 

 

ぼーっとする時間はポイントかもしれません。

 

ひっきりなしにスマホを見ている時はそれほど「こない」です。

 

スマホを見ている時って、

自分には関係ない情報を無作為に受け取っていることが多くて、

結果、自分の意識にはフォーカスしていないので、

なかなか勿体無い時間の過ごし方をしちゃったなあ、と個人的に思う時もあります。

 

あ、もちろんスマホ情報から有益なものを得られることも多いので、

これも「白・黒」「0か100か」という二元論では言っていません。

 

自分の「ヒントを受け取る窓口」が開くには、

そういう

ぼーっとする時間が受け取りやすいですよ、ということです。

 

逆に言えば今のご時世、

意識しないと、なかなかぼーっとする時間をとるのは難しいのかもしれません。

なので、

あえて意識して「ボーーーっとする事」・・おすすめです。

 

 

 

願望の幅を無意識に狭めている?

 

湯船に浸かっていたら、

 

うーん、来たというより、

浮かぶ?よぎる?

ぴったんこな表現が日本語で見つけられなくて、

そういう「来る」的な言い方していますけど、

それもちょっとニュアンスが違うんだよなあ・・と思いながらも、

 

なんか「浮かんだ」ので、

 

お風呂から出るなり、

慌てて手帳に走り書きしたメモがこちらです。

 

 

 

走り書きなので見抜くいですよね・・ごめんなさい(汗)

 

上段・下段に別れています。

 

 

そもそも・・のところ、

特に上段の

この図の左端に書いている「目標・夢」は、

エゴが求めている外側の条件が満たされるようなソレ、を指しています。

 

特に世の中で「引き寄せの法則」や「願望実現についてのあれこれ」が唱えられていた時期は、

「目標・夢」と言えば、

これが欲しい、あれが欲しい、

こうなりたい、ああなりたい、という

「外側の事象」や「外側の条件」を望んで、

それを引き寄せようとあれこれやっていたんだと思います。

 

 

下段の「目標・夢」は、ちょっと違います。

目標・夢と書いていますが、

あくまでも、

魂の純度が上がった状態で望む、

魂そのものが望んでいるソレ(心・内側が満たされた状態)を示しています。

 

つまり、心が満たされているものを指しています。

 

(参考:以前の記事「魂の純度の目安」)

 

 

ここ、ちょっと頭の片隅に置いておいていただけると嬉しいです。

実際、この「願望・夢の形」が紛らわしいんです。

 

だいたい多くの人は(ついこの間までの私も)

「外側の条件が整ったら幸せな気分になる」と勘違いしています。

 

この願望が叶ったら、

初めて幸せになれる、幸せを感じられる、と思いがちなんです。

それで、

「外側の条件・外側の事象」をまず求めてしまうのだと思います。

(私もそうです。そしてそれが悪いわけじゃないのですが、まあお聞きください。笑)

 

でも、

これが欲しいと願って手に入って一瞬心が満たされたけど、

すぐにまた欠乏感が出てきた。

・・ってことありませんか?

 

心が満たされるのが短期的で終わった場合、

その「手に入れたもの」はそもそも

「魂の本質が、本気で欲しがってたものじゃなかった」場合が多いです。

 

 

魂の本質が本当に求めているもの。

 

人それぞれ違うんですが、

ばくっと乱暴にまとめると、その大体が、

 

「もうすでに今、ここにある」という安心感&至福感

 

「内側から満たされていること」だと思います。

 

 

こうなったらさらにハッピーかもなあ?

・・くらいでもOKな感じ。

 

 

で。

 

そんな内側から満たされることが大事だとわかっていても、

やっぱり人は「外側が整って欲しい」と、外側の事象を願ってしまう。

 

「こうなったらいいなあ。」

と結局、

思考を巡らせて作戦を練ったり、行動をしてみたり・・しちゃうんですよね。

 

それは仕方ないことなんです。

地球という星の特性なので。

 

心が満たされるためには、

外側の事象が整わないとだめ、という意識が地球意識スタンダードなんです。

 

でも宇宙は真逆です。

 

心がまず先に満たされてくると、外側の事象が整ってくる。

これが宇宙意識スタンダードです。

 

こんな風に、

地球意識と宇宙意識は、見事に真逆なことが多いです。

逆説的・パラドックスなことが多いんです。

(ただ、これも今後どんどん反転していくかと思います。)

 

 

そして、

重力・距離・時間・体という制限だけの世界(地球)に住んでいると、

願ったところで、それが叶うまで、結構なタイムラグが発生しますから、

どうしてもこのタイムラグ時間、待っている時間の間に、

 

「まだ現実にならないな。

 だったら、こうやってみよう(作戦・行動)」ってことにもなりがちです。

 

で、言ってしまうと、

それを「わざわざやる為に、ここに生まれている」んだそうです。

 

「パラドックスを体験するために、地球に来ている」んだそう・・。

 

わざと反転したことを体験することで、真実を体感する。

 

 

それは今回さておいて(え)

 

 

このタイムラグがあるために、つい待ちきれなくて、

エゴが発動してやってしまうことですが、

 

その願望自体に「こうなってくれないと困る」というような

「制限を設けてしまう」のは、

 

それは、例えるなら、

エネルギーの流れを狭くするように小石を積み重ねていくようなものだそうです。

 

現実化するにも、自ら「制限をかけている」んですよね。

 

川の水の流れもそうです。

小石が積み上げられると、流れはどうなりますか?

水の流れは、せき止められますね。

 

小さな小石(制限を積む行為)だって、

いくつもいくつも積み重ねられたら、

川の流れ(現実化の流れ)は当然せきとめられてしまいます。

もしくは、現実化エネルギーの流れる幅が狭くなるので、

叶うまで時間がもっとかかったり、難しくなったりする・・。

 

「この形でないとイヤ」

「これでないと受け入れられない」と思いながら願うことは、

実は結構もったいないことなのかもしれません。

 

それが走り書き図の、上段なんです。

 

 

 

本来は、

一瞬でも、

「こうなったらいいなあ。」って思っただけでも、

すぐさま現実に向けて、

膨大なエネルギーが注がれるのに、

 

「こうならないとイヤ。」

という小石を置きすぎて、

せっかくのエネルギーが大量に弾かれてしまっているんだ、と思います。

 

そうなると、

自分の思いのエネルギーは小石の間しか流れることができなくて、

膨大な量のエネルギーが放たれたとしても、

ターゲット(的)までの道がどんどん狭くなっているので、

現実化する確率も、どんどん少なくなる・・・。

 

 

(でもここで一瞬、

 「その道が小石でそれだけ絞られたら、

  逆にそこだけでも確実にエネルギーは通過できるだろうから、

  叶う確率上がるんじゃないの?」

 って思ったりもしたんですけど、

 うっすらそのことについても後から「来てる」ので、それも後半に↓↓)

 

 

 

さて、下段はどうかと言いますと・・・

 

 

「こうなったらいいなあ。」と一瞬思って、

同じように即、膨大なエネルギーは注がれ始めていて、

あとは、放っておいている状態です。

 

心が満たされていることが最優先なので、

心が満たされているための条件(外側の事象)自体、幅が広いんです。

たくさんの可能性があるんです。

 

条件という制限は、少ない、あまりない。

 

なぜなら、

「心が満たされていたら、なんでもいい」から。

 

 

願望自体に、思いを廻らせ続けなくても、

そこから意識はフリーな状態でいられるので、

普通に生活していているだけ。

 

そうすると、

自分から小石(制限)を置くようなことはしていないので、

エネルギーの流れに何も阻むものがなく、

そのまま流れが広く保たれているから、

叶うまでの可能性がたくさんあるし、

思ってもみない角度からの現実化もあったりする、と・・。

 

いつの間にか、

自然と「現実になっていた。」って流れの図が、下段だそうです。

 

これ、

わたし個人的な体験でも、

「あ、本当にそうだ。」と思えることがたくさんあるので、

そうなんだと思います。

 

ただ、

「なにもしない。」とは、ちょっと意味合いが違うようです。

 

「やることはやる。」

 

でも、

結果にこだわらず、

Freeな気持ち、余裕というのでしょうか・・。

ただただ自分が機嫌よくいれるように、生活する。

ここもポイントだそうです。

 

 

「こうならないと嫌。」は、不安が種となっていますから。

 

「こうなったらいいなあ。」だけなら、希望や愛だけですから。

 

そこの違いかなあ・・・と。

 

 

○POINT○

 

その願望は、制限が多いですか。少ないですか。

心が満たされるものですか。

不安や恐れが種となって願っていませんか。

希望や愛を種として願ったものですか。

 

 

 

 

可能性の幅を広げるために

 

 

この上段で、

 

たとえ道が狭くなっても小石を置くことで、

的が絞られて叶いやすくなるんじゃないか、って思ったことについては、

 

「叶うこともあるんですが、

 エネルギーの流れが限られるので、

 その方法でしか嫌、となると、

 その方法に至るまでの道も狭めることになるので、

 逆に可能性が少なくなるんです。」

 

と。

 

「いろんな可能性を自ら狭めることになるんだ。」ということでもあるそうです。

 

 

ちょっとわかる気がします。

 

宇宙は、

突拍子もない方法で、

現実化してくれることもあるんです。

 

それは本当にそう思うなあ・・と、私自身の経験を振り返っても思います。

 

(わたし個人的な経験の具体例。

 その1:ふわっとイメージした仕事が、いつの間にかできていた。

 その2:この人と仕事したいなと思ったら、その人と実際ご縁ができて形になった。

 その3:レギュラーがほしいな、と思ったら、急にレギュラー仕事が増えた。

 

 全部、仕事ばっかりですが、笑

 わたし自身は種撒き的な行動はたくさんしましたけど、

 こうなったらいいなに対しての局地的な行動はしていないんです。

 全部ふわっと一瞬思っただけ・・。

 で、大体忘れた頃に叶うんです。

 「おっと、そう思ってたっけ。」てな具合で。)

 

 

—————————————

 

本日のまとめ。

 

 

「行動の元となる心の発露「種」は、

 心配や恐れからじゃなく、

 希望や愛から、で行っているか。」

 

 

「膨大なエネルギーの流れを、そのまま信じる。」

 

 

 

今日も読んでくださってありがとうございます。

 

ここのところ、私自身も怒涛の流れの中にいる感じがしていまして、

なんでしょうか・・

もうただ「流されるだけ」状態です。(え)

 

また、これもいつか書ける時が来ましたら・・。

 

 

あ、お知らせです!

先日受け付けました

星読み鑑定+原画「あなたと惑星の絵」

 

 

 

順番にさせていただいておりまして、

本日までやっと2名様まで完了しました。

なかなかスローペースですが

残りの皆様も順次進めますので、今しばらくお待ちいただきますこと、

何卒ご了承頂けますと嬉しいです。

 

 

 

関連情報

コメントは受け付けていません。

特集