絵画・イラスト・絵本・銅版画|しずくあつめ舎 佳矢乃-kayano- しずくあつめ舎「佳矢乃」では、フリーのイラストレーター佳矢乃が「魂の世界と、今ここの現実世界を繋ぐ絵」をテーマに、絵画やイラスト、絵本、銅版画、紙もの雑貨などを制作しています。降りてきたふたつの魂を描く「しずくふたつの絵」や、出産祝いや魂の起源である宇宙を表現した作品等、ぜひこちらで、あなたの生活にひとしずくの彩りを。

ゼロから新星へ・その前の葛藤【個展「STORY×プチしずく」】

 

 

 
絵画・グッズなど作品の全ては
ikkAさんのBASEネット販売
閲覧&購入可能です。
↓↓↓

 

 

 

 

 

響いた言葉

 

今回のikkAさんでの個展で

展示している作品の中に、

 

私自身がライフワークとして位置付けている作品群があります。

 

 

『しずくふたつ 037 新星』/ 額サイズ 380×290mm×厚み36mm/ ¥44,400(税・額込)
「しずくふたつ 037 新星」

 

こちらのサイトでもたびたび書いている

 

魂の伴侶の絵「しずくふたつ」です。

 

 

昨年5月に展示した作品は

過去にもブログで書いていました。

 

「しずくふたつ5滴目」6/3までロスタイム(延長)決定!

 

 

「しんせい」になる直前は、

 

ものすごい痛みを伴ったり、

 

変化を余儀なくされたり、

望んでいないのに破壊されたり、

 

その過程があったから

「しんせい」になれること、

あるかもしれません。

 

今の状況も、

やや新しいものに変わろうとしている

そんな流れを感じます。

 

 

大きな流れで見たときに、

 

後からでも

「あれがあったから・・」と

光の物事として変換できること。

 

それらを全て「新星」と思えたら・・。

 

 

そんなことを今日は書きたくなりました。

 

 

 

昨年の5月末に

作品「しずくふたつ037 新星」のご紹介と共に

上のような文章を書いたのですが、

 

 

今日、

この記事を読み直して、

 

自分で書いておいたくせに、

 

ちょっと響いてしまいました。

 

 

 

 

今現在の自分、

 

外からはどう言う風に見えているのか・・

先日まで届く年賀状では

ありがたいことに

「活躍しているね」

「大活躍ですね」と

友達・知人、

いろんな方が書いて下さっていて

恐縮しつつ、

 

もちろんすごくありがたくて、

 

いろんな方に支えてもらっているからこそ、

とその都度、思いつつ・・

 

ただ、

こんなことを吐露するのは恥ずかしい限りですが、

 

内面では、

いろいろ考え込んでいまして。

 

 

今まで積み上げてきた(と思い込んでいる)もの

 

でも、

このままじゃダメなんじゃないかという葛藤、

 

13年前の離婚時も、

10年ほど前にも作風を一度考え直した時も、

 

同じような葛藤が沸き起こってきましたが、

 

今また、

それと「似た」ものが

私の周りをグルグル回っている感じなのです。

 

 

そんな最近、

 

イラストレーターとしての師匠でもありますし、

 

その作品も大好きな、お方、

 

東元光児さん(コージートマト)

 

の久しぶりの個展情報を目にしました。

 

 

 

 

 

(1/29〜2/7 大阪天満橋OMMビル・アートラボOMM)

 

 

「リセット」

 

 

このワードを見た時に、

なんかグッときてしまいましてね。

 

まるで私に言われているかのように感じて。

 

 

もちろん全てをゼロにするわけでもないですし、

これまでの仕事を変えるわけでもないですが、

 

 

意識をリセット、

 

意識をゼロ・・・

 

 

ぐるぐる考えてしまうもの

余計なものから自分を遠ざけたい。

 

リセットしたい・・・

 

 

そう感じたことを、

自分のための記録としても

書き残そうと思います。

 

 

 

 

 

『しずくふたつ 037 新星』/ 額サイズ 380×290mm×厚み36mm/ ¥44,400(税・額込)
「しずくふたつ 037 新星」

 

「新星」は

 

混沌とした

 

闇のように見える空間の中で

 

あらたに生まれるもの。

 

 

生まれる前は

 

ただ淡々とエネルギーを溜め込んで

 

「その時」が来たら

 

形になり始める、

 

そんな「なにか」

 

 


 

そういえば、

今日は新月でしたね!

 

あー、

なんだかタイムリーといえば

タイムリーだったのかも。

 

こんな心境になるのも

自然なことだったのかも。

 

 

 

 

東京押上・一軒家カフェikkAさんにて

原画作品展示中です。

 

https://www.instagram.com/cafeikka/

 

 

 

個展「STORY×プチしずく」情報

 

 

 
一軒家カフェikkA
東京都墨田区向島3丁目6-5
03-5637-8773
地下鉄半蔵門線 浅草線『押上駅』
A3出口徒歩10分
12:00〜18:00(ラストオーダー17:30)

 

 
 
絵画・グッズなど作品の全ては
ikkAさんのBASEネット販売で
閲覧&購入可能です。
↓↓↓
 
 

今日のひとりごと

 

そんなことを書き残しながらも、

 

午前中はありがたいことに

お仕事のお話、打ち合わせ。

 

嬉しいお仕事です。

 

がんばります。

 

もちろん、楽しみを感じながら♪

 

 

 

 

 

 

——————————–

 

「しずくふたつ」シリーズ

 

魂の伴侶の絵「しずくふたつ」作品シリーズ

これまでの過去記事はこちら

(カーソル合わせたらジャンプできます)

 

過去記事でご紹介している作品たちの多くは

すでにお客様のお手元にあるので、

次回以降も基本的に展示はありません。

 

◯魂の伴侶の絵「しずくふたつ」はじめに

◯魂のしずくがふたつ降りてきた絵・はじまり

◯魂のしずく2作目「しずくふたつ 002 鳥かご」

◯「しずくふたつ」の初個展から、これまでのこと

◯「しずくふたつ」セミオーダー1作目と2作目のこと 

◯セミオーダー3作目「しずくふたつ」シリーズ

○「しずくふたつ 035 注ぐ愛」セミオーダー作品ご紹介

○セミオーダー作品「しずくふたつ 034 誓い」その後

○1年ぶりの個展「しずくふたつ5滴目」

○作品紹介「しずくふたつ036源泉」残り4日

○作品紹介「しずくふたつ041祈り」と意識に根付かせるもの

○作品紹介「しずくふたつ042居場所」について

○魂の伴侶の絵・セミオーダー「しずくふたつ043プリズム」

 

○ありがとございました!個展「しずくふたつ6滴目〜詰め合わせ〜」

 

 

 

 

【再販】御朱印帳「須賀神社」素戔嗚尊と櫛名田比売

通常価格

3,300

(税込)
BASEで購入

※商品価格以外に別途送料がかかります。

商品紹介

須賀神社主祭神は素戔嗚尊。 妻神の櫛名田比売と五男三女の八柱御子神もともにお祀りされています。 その素戔嗚尊と妻神の櫛名田比売にまつわる物語を 御朱印帳に描きました。

関連情報

コメントは受け付けていません。