絵画・イラスト・絵本・銅版画|しずくあつめ舎 佳矢乃-kayano- しずくあつめ舎「佳矢乃」では、フリーのイラストレーター佳矢乃が「魂の世界と、今ここの現実世界を繋ぐ絵」をテーマに、絵画やイラスト、絵本、銅版画、紙もの雑貨などを制作しています。降りてきたふたつの魂を描く「しずくふたつの絵」や、出産祝いや魂の起源である宇宙を表現した作品等、ぜひこちらで、あなたの生活にひとしずくの彩りを。

嬉しい感想が続きます・絵本「生まれる日」

 

絵本「生まれる日」

 

最近もまた
すごく嬉しい感想を続けて頂いています。

 

 

以前プレゼントでもらった方が、
他の方へ
今度は逆にプレゼントしたい、と

ご購入下さったり、

 

子供にも読み聞かせたいと
仰ってくれたり、

 

 

実際、

別の方は、

ご自身の娘さんに読み聞かせてくださっている

動画を送ってくださったり、

 

 

逆に子供の立場の方が、

ご自身の親御さんにプレゼントしてくださったり、

 

 

中には大切なお友達のために、

祈りのこもったお使い物にして下さったり…

 

ご購入時に書き添えてくださるコメントも含め、

 

ご感想、ご連絡をいただくたびに、
私は、毎回感激しています。

本当にありがとうございます。

 

 

 

この夏頃だったでしょうか。

 

静岡・熱海市セミニョン様でも、

この絵本をお取り扱いいただいているのですが、

 

https://kayano38.com/blog/2069/

 

 

 

 

誰もが知っている有名な女優Pさんが

セミニョン様にご来店時、

 

この絵本「生まれる日」を手にとってくださって

 

「これ、良いわねえ。」と

 

買ってくださったんだとか・・。

 

 

これも非常に驚き、感激した出来事でした。

 

 

(その方は、

 嘘を言わない人なんじゃないかと

 勝手に感じていたので、

 それで喜びは倍増でした。)

 

 

 

ありがたいです。

ありがとうございます。

 

 

手元の在庫数、あと数冊になりました。

なくなり次第、

追加印刷しますが、

1ヶ月ほどかかる場合が多いので、
ご検討頂いている方は

よろしければ、今のうちに(笑)

どうぞよろしくお願い致します。

 

BASE販売ページ

 

 

 

 

絵本「生まれる日」について

 

・完成までのこと

・描きながらも、まだ持っていた親に対しての葛藤

 

についても、

以下の記事に書いています。

 

https://kayano38.com/blog/2730/

 

 

親と子。

 

なかなか葛藤の多いテーマでもあります。

 

 

絵本の感想は

私にとって嬉しいものばかりですが、

 

中には、

この内容は受け入れられないという場合が

あってもおかしくありません。

 

その人それぞれ

感じたことが、

その人にとっての「全て」だと、

私は思っています。

 

 

だから、

手にとって読んでくれたり、

 

ギフトにしようと考えてくれるだけでも、

 

ただただ嬉しい、

ありがたいばっかり・・です。

 

 

 

関連情報

コメントは受け付けていません。

特集