絵画・イラスト・絵本・銅版画|しずくあつめ舎 佳矢乃-kayano- しずくあつめ舎「佳矢乃」では、フリーのイラストレーター佳矢乃が「魂の世界と、今ここの現実世界を繋ぐ絵」をテーマに、絵画やイラスト、絵本、銅版画、紙もの雑貨などを制作しています。降りてきたふたつの魂を描く「しずくふたつの絵」や、出産祝いや魂の起源である宇宙を表現した作品等、ぜひこちらで、あなたの生活にひとしずくの彩りを。

【お詫びとお知らせ】英語絵本「The Triplet Fairies」について

 

英語絵本「The Triplet Fairies」

 

 

これまでご購入下さった皆様にお詫びとお知らせです。

 

特に今のような湿気が多い時期だと

表紙の紙が丸まってしまうことがわかりました。

 

ご不便をおかけしていたら本当に申し訳ありません!

 

表紙を別に作り、本体に巻き、丸まりを抑えました。

 

 

表紙を開くとpicの子がちょこんと居ます。

 

これまでご購入下さり

交換ご希望の方

お手数おかけして恐縮なのですが

 

DM. メール.

下記のボタンから

 

どこからでも構いませんので

ご連絡をお願いいたします。

 

こちらからでもOK

 

改めて、

新しい一冊と取り替えさせていただきます。

 

(返信用封筒&切手等はこちらでご用意いたします。)

 

よろしくお願い致します。

 

 

 

 

2015年イタリア・ボローニャ絵本原画展に応募

 

この絵本

「The Triplet Fairies」

 

2015年度の

ボローニャ絵本原画展に応募した作品です。

 

結果は得られませんでしたが、

 

でもせっかくなので、と

当時の応募仲間や絵本講座の先生たちと一緒に

2015年春に開催された原画展

イタリア・ボローニャに出向いて、

世界各国の作家さんたちの作品を見たり、

世界各国の出版社ブースなどへ持ち込んだり、

 

 

その合間にも

子供の頃からの憧れの街

フィレンチェにも足を伸ばせたりして、

 

何かと思い出深い作品だったりもします。

 

 

 

 

 

 

(2015年春・イタリアボローニャ絵本原画展で。

 大勢のイラストレーターさんが、

 現地会場に設けられた壁に自作品のフライヤーや

 連絡先カードなどを貼り付けてアピールします。

 私たちもわずかに空いたスペースを見つけて

 かろうじて貼ることができました。)

 

 

 

帰国して、

日本の絵本公募展にも応募、

最終選考には残ったものの

それ以上もなく・・

 

それ以後、3年くらいは

寝かせてしまっていたのですが、

 

ふとある時、

「形に残してあげたいな。」と思い、

 

今に至ります。

 

 

紹介&販売ページ「The Triplet Fairies」

 

 

 

 

 

 

英語にしたワケ

 

この絵本

 

文章は全ページ、英文にしています。

 

(補足として和訳文を印刷したペラ紙も同封)

 

(写真右上が、同封の和訳ペラ紙です)

 

 

全ページ英語にした理由は

 

例えば読み聞かせの時、

出来るだけ

絵を楽しんでいただけたらなあと思ったからです。

 

いえ、

もちろん日本語の絵本でも

絵も文も、楽しめるのは承知しています。

 

ただ私個人的に勝手に思い描いていることなんですが

 

究極

言葉がなくても楽しめる絵本が作れたら良いな

 

って以前から思っているので

 

この絵本は

その一つ前段階のお試しのような、

 

内容は和訳文を読んで

ある程度わかっていただけてたら、

 

あとは、

関西弁でも(笑)

博多弁でも

どこのお国の言葉でも

 

自由にのびのび、楽しく

 

時には

本文にはないような「セリフ」なんかも

自由に付け加えてもらいながら

 

楽しんでもらえたら嬉しいなあと思って、

 

それで、わざと英語にしました。

 

 

 

2019年5月

大阪・阿倍野

sweetcafe gallery ℃ さんでの個展

「しずくふたつ4滴目」の際も、

 

この絵本をお客様に見ていただく時、

わたくし、わざと

ベッタベタの関西弁で読んだりしました。(笑)

 

 

 

例えば上のページ・編み棒選びのシーンなら

標準語和訳

 

「どれにする?どの針がいい?」

 

「(これ良さそう。それは汚れているよ!)」

 

ですが

 

関西弁の場合(え)

 

「どれにするぅ?どの針がええやろか。」

 

「(これええんちゃう。っていうか、それ汚れてるし!)」

 

っていう感じとか、とか(笑)

 

 

 

 

℃さん個展で

ご購入くださったお客様方も

改めてありがとうございます!

 

 

この記事・冒頭のお詫びとお知らせ

どうか、気づいていただけますように。

 

 

*その中のお一人N様へ私信

 昨日、交換分を発送いたしました!

 到着まで今しばらくお待ちください(*^^*)

 

 

もちろんそれ以外、

ネット販売でご購入の方(はご連絡つきました)

 

 

他販売店さま

 

京都岡崎・古道具とカフェeightさん

 

でご購入くださった方のなかで、

交換希望の方は

遠慮なくご連絡くださいね。

 

 

(過去記事・eightさん紹介)

https://kayano38.com/blog/761/

 

 

関連情報

コメントは受け付けていません。

特集