絵画・イラスト・絵本・銅版画|しずくあつめ舎 佳矢乃-kayano- しずくあつめ舎「佳矢乃」では、フリーのイラストレーター佳矢乃が「魂の世界と、今ここの現実世界を繋ぐ絵」をテーマに、絵画やイラスト、絵本、銅版画、紙もの雑貨などを制作しています。降りてきたふたつの魂を描く「しずくふたつの絵」や、出産祝いや魂の起源である宇宙を表現した作品等、ぜひこちらで、あなたの生活にひとしずくの彩りを。

欲しかった言葉をもらえること、受け取ること

「欲しかった言葉」

 

 

唐突ですが、

 

「言ってもらえて心から嬉しい言葉」

 

それをもらうことって

日常的に少ないでしょうか、いかがでしょうか。

 

それとも日常的に

「嬉しい言葉」たくさんもらっていますでしょうか。

 

周りからかけてもらうことが少なくても、

自分から、自分に対して

「嬉しい言葉をかける」ことはできますから、

 

「よく頑張ったねえ、えらかったねえ」

 

「いいよいいよ、仕方ないよ。」

 

と、その時欲しい言葉は

自分で言ってあげていいですね^^

 

 

 

 

ただ、

周りの誰かから

「欲しかった言葉」をかけてもらえたら、

やっぱりかなり嬉しいものです。

 

特に自分でも

「欲しい」とすら気付いていなかったような・・

でも、

「実は欲しかった言葉」をかけてもらえると

 

思わず泣きそうになったり。

いえ、泣いちゃったり。

 

こんな経験、

どなたにもあるんじゃないでしょうか。

 

 

「欲しかった言葉」

 

もしかしたら、

あまり人に見せてこなかった内面や内側など

 

まだ話していないのに

 

相手がその内側のところを

ちゃんと感じてくれていたと思うような言葉だったり。

 

 

 

わたし個人的な話なんですが、

 

先日から受講していた講座内でも

そういう言葉をかけてもらったり、

 

また、

普段それほど頻繁にやりとりしていない、

遠く離れた知人からも

思わぬタイミングでかけてもらったり、

 

はたまた、

久しぶりに事務的な所用で

連絡した担当者さんからも、

まさか、

この場面でその言葉をかけてもらえるとは・・

 

という風に、

 

思い起こせば、これだけでなく

もっとたくさんありますが、

 

その時その時

「自分の欲しかった言葉」をかけてもらう機会が

多かったように思います。

 

そしてその度に、満たされて

感動して、じわっと泣きそうになったりして、

 

かなり以前の、

まだ「こじらせていた自分(笑)」なら

素直に受け取れなかった言葉の数々も、

 

今なら

「素直に受け取れている」ことも、

改めて

体感させてもらえたのでした。

 

そういうこともあり、

今年はさらに

いろんな方々に

恩を感じ続けた一年でもありました。

 

 

 

 

さて、前置きが長くなりましたが

(え?前置きだったの?)

 

 

欲しかった言葉をかけてもらっていた講座、

「受講していた講座」のご紹介です。

 

 

 

胎内記憶教育・基礎講座

 

秋、

「胎内記憶教育・基礎講座」受講していました。

 

映画「かみさまとのやくそく」でも知られている

池川明先生が代表理事をされているものです。

 

こちらの認定講師をされている方と

奇跡的なご縁をいただいたのがきっかけで

受講することにしたのでした。

 

それが、

 

認定講師のみほちゃん先生です。

(林 美穂さん)

 

受講中、本当にたくさん

素敵なことを学ばせていただきました。

 

さて、

みほちゃん先生が

来年1月27日から、

またオンライン講座を開催するそうです。

 

 

(ご興味ある方はこちらへ⇩⇩)

1/27(木),2/10(木),2/24(火),3/10(火)基礎講座開催のご案内【zoom】

 

先日、

修了証が届きました。

 

 

(みほちゃん先生作の素敵なパステル画も添えられていました。キュン♡

 ありがとうございますー♫)

 

 

この基礎講座内で、

毎回、

先生含めて、参加者のみんなで

 

「それぞれの言って欲しい言葉」を

掛け合っていました。

 

これが、

想像以上に、ジンジン響いて

しばらく経った後でも

ちゃんと余韻が残っているんですよねえ。。

 

 

 

この胸にジンジン響くことが

どれだけ「力」になるのか、しみじみ感じました。

 

 

 

絵本「生まれる日」

 

 

上のような絵本を描いていますが、

 

生きている間

 

親子関係の中で、

必ずしも、みんながみんな、

お互いの愛を

素直に受け取れている人ばかりじゃないこともわかりますし、

 

親の方も、

愛のつもりで接していたとしても

それが必ずしも、

 

「子どもが本当に望んでいたもの」じゃない場合がある・・

 

そんなことにも

思いを馳せる時が多いです。

 

 

 

子どもの方も、

特に子どもの時は、

親の価値観が「世界のすべて」になってしまうことも多いですから、

最初は疑問に感じていなくても、

成長するにつれ、

なにかが違うと思い始めて、

 

でも、

なかなか

最初「自分の中に入れてしまった世界」から

抜け出すことができない大人が多くいることも感じます。

 

 

 

究極のところ、

 

親と子、と言えども、

それぞれは別々の人間同士で、

 

人間同士として関わることで、

 

それぞれの魂が

なにかしら成長できるようになっているんだなあ・・

 

ということが、

恥ずかしながら、ようやく

この歳で飲み込めてきたのですが(^^;)

 

 

 

ごちゃごちゃ言ってしまっていますが・・

 

願わくば、

 

誕生する前、

お腹に入ろうって決めた時から、

 

その魂が、

ちゃんと愛を感じる状況でありますように。

 

 

 

 

「いろんな愛のかたち」

 

・・があることも前提として。

 

 

(過去記事:人間は多面体)

 

 

 

胎内にいる記憶を持つお子さんたちと

たくさん接してこられた池川明先生や

その他の講師の方々の、

 

ご経験と、智恵とが詰まった講座。

 

私は受講してよかったです。

 

 

 

絵本「生まれる日」もせっかく描いていることですし、

なにかしら

今後に活かしていきたいと思っています。

 

 

 

 

(過去記事)

「どんな前提で?」

 

 

 

なんだかまた生真面目な文章になってしまいました。

 

来年はもっとゆるく生きます。(え)

 

 

 

 

 

2022年1月個展『しずくふたつ9滴目』

 

来年のことを言えば鬼が笑うでしょうか・・・

 

いえ、もう来年まで

残り3日ですよ!

 

 

 

2022年1月6日(木)〜1月31日(月)

 

 東京押上・一軒家カフェikkAさん

 

東京都墨田区向島3丁目6-5
03-5637-8773
地下鉄半蔵門線 浅草線『押上駅』
A3出口徒歩10分
12:00〜18:00

 

佳矢乃個展

『しずくふたつ 9滴目 』

 

 

ようやく作品たちを

額装し始めています。

 

魂の伴侶の絵「しずくふたつ」の他に、

 

ikkAさんの美味しいお茶付き

個展期間中限定の

惑星読み絵・鑑定メニューもいたしますので、

 

それにちなんだ作品たちも描いています。

 

 

 

 

 

 

⇩⇩

下は、一年前のikkAさんでの個展をまとめた動画です。

 

動画最後の方に出てくる

ジャスミンティー・・♡

 

こちらの販売もあるそうです。

すごくおすすめ♫

 

お時間ありましたら

作品たちに会いにきてくださいね。

 

 

ikkAさんブログ

 

 

 

 

 

 

 

 

関連情報

コメントは受け付けていません。