絵画・イラスト・絵本・銅版画|しずくあつめ舎 佳矢乃-kayano- しずくあつめ舎「佳矢乃」では、フリーのイラストレーター佳矢乃が「魂の世界と、今ここの現実世界を繋ぐ絵」をテーマに、絵画やイラスト、絵本、銅版画、紙もの雑貨などを制作しています。降りてきたふたつの魂を描く「しずくふたつの絵」や、出産祝いや魂の起源である宇宙を表現した作品等、ぜひこちらで、あなたの生活にひとしずくの彩りを。

あまりに可愛い綿の後半記事+個展の告知ちょっとだけ

11/28付の記事(前半)の続きです。

 

本題に進めなかった前半記事(え)あまりに可愛い綿の生育記録と共に

 

前回、

 

「綿を紡ぐ準備をした」という本題を書くつもりだったのに、

 

書くうちにだんだん、

単なる綿の生育記録だけになってしまいました。

 

 

つづきの、後半記事です。

 

今回果たして

ちゃんと本題に入れるのかどうか・・

一抹の不安を覚えながら(こら)

とにかく思いつくまま書き進めます。

 

今回もお付き合いいただける皆様、

ありがとうございます。

 

 

 

 

綿の種を取る、その手ほどきを受ける

 

今年、初めて育ててみた綿。

 

普段コットン100%の衣類など

あれだけ着ているというのに

 

綿について、

何も知らなかったんだなあということを

身を以て思い知りました。(言い方が重い)

 

昔の人は、

このフワフワの綿から

どうして糸を作ろうと思えたのか。

 

それが、もうすごい。

 

今も数多くの手仕事作家さんが、

綿から育てて、糸をつむぎ、

それらを編んだり、機織りしたりして

いくつもの素敵な作品を生み出されていること

 

ただただ尊敬します。

 

(10月お世話になった

 ハラペコ台所さん

 今月12月の展示が

 まさにその綿から育てて

 いろんな作品を作られている作家さんだそうです!

 見に行かなくちゃ♬)

 

 

 

さて、想像以上に

大量に採取できた綿さんたち。

 

一体この後、どうしたらいいの?と思い、

 

春に

この種を譲ってくださった

熊野古道の絵地図作家さんでもある

生駒わかこさんに、連絡しました。

 

(生駒わかこさんの絵地図作品:串本町・田並劇場にて)

 

わかこさん、

いつもすごく親切にいろいろ教えてくれまして、

 

そのおかげで、

こんな貴重な経験をさせてもらっています。

 

わかこさん、いつも本当にありがとうございます(*^^*)

 

 

 

大量の綿をどうしたらいいでしょう、

お時間ある時に、御指南いただけませんか?

 

・・・と連絡させていただいて、

 

 

 

じゃじゃーん♡

 

 

『綿花ガシガシほぐしマシーーーーーン♬』

チャッチャラーー♬

(某国民的アニメ猫型耳なしロボットの例の言い方でお願いします。)

 

(そして、決してそんな名前ではない)

 

 

グルグル回る部分に綿花を入れると

向こう側には綿の部分、

こちら側には種だけが残っていく、という仕組み。

 

これも本当によくできている・・(昔の人リスペクト)

 

 

写真だとまるでスルスル♬スムーズにスイスイと

種と綿花が分離されていくかのように見えるかもしれませんが、

 

慣れない私なんか

しょっちゅうひっかかったり、

行き詰まった感じになったりして、

なかなか難しくて、

 

ぎこちなくガシガシマシーン(違う)で

私がすったもんだしている間にも、

 

横でわかこさんは

 

種と綿を

手でどんどんほぐして分けていき

 

私よりもたくさんの量を済ませていくほど。

 

(それだけ私が不器用だ、という実証です。苦笑)

 

 

そんなこんなで、

持って行った全ての分をほぐすところまで

全然できなくて、

 

お邪魔した3,4時間ほど

結構長居して、ずっと

ガシガシほぐしマシーンでやっていたのに、

1/3程度しか、ほぐせませんでした。たははは。

 

 

残りについては、持ち帰り

今、夜ちょっと空いた時間とかに

すこーしずつすこーしずつ

冬のよなべ仕事として、やっています。

 

 

 

 

 

種を取り出した後の綿花は

見た感じはフワフワですが、

 

わかこさん曰く、

もう一段階、手を加えて

もっとふわっふわにほぐすそうです。

 

それからようやく

糸になるように紡いでいかれるんですね。

 

 

 

 

(上は、過去記事です。

 左手の中に綿があり、

 右手に持っている器具を独楽のようにクルクル回すと

 不思議と左手の綿がするすると細くなって

 吸い込まれるように右の独楽に巻き取られて

 糸になっていく・・。

 その作業の様子を再度貼り付けました。)

 

 

 

上の写真は、わかこさんの育てた綿たち。

 

白色のは確か、洋綿。

 

その白だけじゃなくて、

やや茶色いものもたくさんありました。

和綿っておっしゃってたかな?違ったかな。

 

 

この作業をしながら、

わたしは張り切って

わかこさんにこう話していました。

 

 

「この綿を入れた人形を作って

 1月の個展で展示しようかなー♬」と。

 

 

 

11月半ばの私よ。よくお聞きなさい。

 

1月から始まる個展に

この綿を入れた人形を作る、ですって?

 

 

もしもし、

あなた、

どうしてそんな余裕をかましていたのですか?

ん?

 

今、そんなことをする余裕が

一体どこにあるというのでしょうか?え?(尋問か)

 

 

 

いやー『ものづくり』というのはですよ、

 

もっとじっくり丁寧に

作っていったほうがいいと思いますよ、自分よ・・。

 

(わかこさん、こういうわけでして

 私の計画はお恥ずかしいのですが、

 もっと未来の話に持ち越しになりそうです・・。)

 

 

もっといいアイデアが生まれるまで、

 

素敵なもの、

もっといいもののが作れそうだなって思える時まで

 

それまでは、

丁寧にほぐしていって、

気持ちも温めていきたいと思います。

 

糸にするものも含めて。

 

せっかく大事に育てた綿ですしねえ♡

 

 

 

1月個展のお知らせです

 

今年も東京ikkAさんにて

個展をさせていただきます♬

 

また随時、告知していきます。

 

取り急ぎ、

さっき完成したばかりの告知イメージを貼りたくて♬

 

2022年1月6日(木)〜1月31日(月)

 

 東京押上・一軒家カフェikkAさん

 

東京都墨田区向島3丁目6-5
03-5637-8773
地下鉄半蔵門線 浅草線『押上駅』
A3出口徒歩10分
12:00〜18:00

 

『しずくふたつ 9滴目 』

 

今回はいつもより準備がなかなか捗らず・・(え)

 

DMも作ったとしてもギリギリで・・汗汗

 

(がんばれ、わたし!)

 

恐れ入りますが、

発送は、

SNSやネットなどで繋がっていない方のみにさせていただく予定です。

何卒ご了承ください。

 

 

(2021年1月の展示の様子)

 

2021年1月も、

展示させていただいたのですが、

その様子を動画にして

YouTubeにアップしました♬

 

むふふ、

ひっそり細々と、

ユーチューバーデビューしております。

 

 

 

最後の方まで、ぜひご覧いただきたいですー♬

ikkAさんの花開くジャスミンティーの様子を

アップしています。

 

 

 

あの美味しい紅茶を

今度こそ、わたしはいただきにいくのだ。

 

ずっと東京行けてなかったから。

 

 

 

 

 

 

関連情報

コメントは受け付けていません。

絵画・イラスト・絵本・銅版画|しずくあつめ舎 佳矢乃-kayano- しずくあつめ舎「佳矢乃」では、フリーのイラストレーター佳矢乃が「魂の世界と、今ここの現実世界を繋ぐ絵」をテーマに、絵画やイラスト、絵本、銅版画、紙もの雑貨などを制作しています。降りてきたふたつの魂を描く「しずくふたつの絵」や、出産祝いや魂の起源である宇宙を表現した作品等、ぜひこちらで、あなたの生活にひとしずくの彩りを。

定休日:土・日・祝